もっとあの人とコミュニケーションを円滑にするには??

新生活、いかがお過ごしでしょうか。

 

職場や学校、サークル活動や部活動…
様々な場面で、
もっと人から好かれたいな~
もっとあの人と仲良くなりたいな~
もっとコミュニケーションを円滑にすすめたいな~

とお考えの方!!

 

今回は、人との距離感『パーソナル・スペース』の記事です!

 

人には、前後左右に「パーソナル・スペース」という、
縄張りのような空間を持っています。

 

IMG_3222

 

その空間は、だいたい前後に0.6~1.5m、左右に1m程度の範囲です。

 

人は、自分のパーソナル・スペースに入られることを嫌うのです。
例えば、満員電車で強いストレスを感じるのは、そのためです。

 

しかし、その反面、この「パーソナル・スペース」に
長時間入っている人には、好意を持ちやすいということがわかっているのです!

 

つまり、簡単にいいますと…
冒頭に書いたことを解決するには、

「その人の近くにいること」

ということになるんです!

 

ここで、コミュニケーションをとる位置について書きます

 

では、どのような位置で、その人のそばにいるといいのか

とっても簡単な方法は、その人と食事に行くことです。

 

気になる人と、食事に行くときのコミュニケーション術は、
カラテカ入江の「人脈力」という本が、最近の私のオススメです。(笑)
大学の先輩に紹介して頂き読みましたが、面白かったです!
気になる方は、ぜひお読みください。

 

話しがそれてしまいましたが…

 

食事に行くときも、
カウンターの席が良いパーソナル・スペースに入ることができます

 

この時、お互い横並びになっていて
視野を共有することができていますので、さらに親密度もアップします。

いい距離感ですし、視線を合わせなくてもいいので、
言いたいこともいいやすくなります。

 

食事の場面に限らず、横並びになる180度の角度(平行型)は、
よいコミュニケーションがとりやすい位置となります。

 

IMG_3218

(こちらが平行型!(笑))

 

さらに、L字型の位置も、お互い目をずっと合わせていなくてもいいので
クリエイティブな意見がでやすいともいわれております。

 

IMG_3219

(こちらがL字型!)

 

 

 

真正面の正面型の位置は、ずっと目を合わせていなければならないので、
例えば注意をするときなどは、この位置が向いています。

 

IMG_3220

(こちらが正面型!)

 

このように、人には縄張りの
「パーソナル・スペース」があり、このスペースを理解し
自分の立ち位置を気にすることで

さらに、人と良い関係を気づくことができていきます(^^)

 

 

 

ぜひ実践してみてください。

各種お問い合わせ

CONTACT US
Copyright 2017 Mentalista Official Site