「子どもは自分の鏡!」~C・O・A・C・Hの資質~

viennatop[1]

コーチの語源は「馬車」です。
子どもを目的地まで送り届けるサポートをする。
子どもの成長を助け、向上をサポートする人のことをすべて
コーチと考えています。
スポーツのコーチも親も教師も上司もみなコーチです。
さてコーチとはいかなるものでしょうか?

アメリカのジュニア指導書に書かれているコーチの資質ついて
非常に説得力ある例がありましたので、それを元に考えてみましょう!

C・O・A・C・H とはその頭文字をとって説明していきます。

 

CはComprehension「理解力」107[1]

最も必要な能力の1つは人間として様々な特徴のある選手を理解することです。

またコーチである以上、人間として広く選手を理解すると同じように、選手1人ひとりの力量を理解し、チームの戦略的な特徴を理解し、そして相手チームのスカウティングにより、ゲームをよく読み理解するという力が必要です。

試合の敗因はコーチの理解力のなさであると素直に認める力が必要なのです。

コーチは選手の何倍も多くのことを正確に理解しておかなければならないということでしょう。business_senryaku_sakuryaku_man[1]
OはOutlook「前途の見通し」

コーチ独自の展望と目標を持つことが重要です。

コーチは1、楽しませること 2、心技体を変化させること 3、チームを勝利に導くこと

この3つのバランスをよく考え、シーズンの計画を立てるとともに、いま自分のチームには何が必要であるかをいつも考え、実践するのです。

thJG96T3UY
AはAffection「愛情」thYQFYLU6U

コーチはその競技に対する愛情を誰よりも持っていなければなりません。

その競技や勉強においても人生そのものに通じるもので、そこから学ぶことは人間的成長に欠かすことのできないもの。

愛情を持って指導する姿勢こそが選手を変え成長させることでしょう。

選手を運動能力や性格や外見などで区別してしまってはいないでしょうか?

愛情は平等を前提に存在します。不平等とは愛情とは呼びません。

保護者でしたら、自分の子どもだけでなくチームの選手全員に平等の愛情を持つ心構えが大切です。それこそ子どもを伸ばす、チームを勝利に導くベストサポーターでしょう。

soccer_supporter_man[1]
CはCharacter「人間性」

言葉や行動を通してコーチ自身の「成長・励まし」などの哲学をその競技により、選手に伝えていくことが大きな役目です。

しかし「私の言う通りにしろ」という一方で、とても見本にならない態度のコーチが少なからずいらっしゃいます。

「選手は自分の鏡!」th1TIKVJBE

 

選手がどこかで全力投球できないのであれば、コーチ自身にそのようなところがないか自己反省してみるべき!

選手が時間を守れないのであれば、コーチ自身が時間にルーズであったり、整理整頓を指導するのであれば、自分自身の生活がどうであるかを常に振り返る必要があると思います。

「なぜあそこでもっと選手は力を発揮しないんだ!」

と責める前に、発揮できるようにしていないコーチ自身を見つめること。

このような人間性といえるものがコーチには必須です。
HはHumor「ユーモア」

ユーモアはしばしば見落とされがちですが、とても重要な要素です。

シリアスになりがちな技術練習にバランスを与えます。シリアスな練習に眉間にしわを寄せ、みんなで辛そうに行うことは誰でもできます。しかし、誰もがやっていることをしていては誰にでも訪れる結果しか来ません。ojisan_angry[1]

特別な結果をチームとして求めるなら、誰もやっていないような厳しい練習を、誰もやっていないほど楽しくやれる環境を作ることです。

このことが素晴らしいコーチの条件といっても過言ではないでしょう。

またユーモアはスポーツ心理学上、失敗の記憶を残さない重要な手段でもあります。

うまくなるために練習しているはずが、そこに伴う数々の失敗が記憶に残り、本番のときに我々を悩ませます。練習の成果をより上げ本番で実力を発揮するためには、このマイナスな記憶をユーモアセンスが解決してくれます。

せっかく厳しい練習をするならそのような記憶への影響を考えた環境作りが本物のコーチには望まれることでしょう。th2KH41J0E

コーチに必要な5つの「C・O・A・C・H」についてお話ししました。素晴らしいコーチはこれらの要素を少なからずおさえています。

素晴らしいコーチだからこそ素晴らしい選手や子ども、生徒、部下は育っていくのです。

私自身もサッカーのGKを指導するにあたって忘れしまっているときがあります。

コーチもわかったつもりにならず、常に謙虚な姿勢で振り返ったり新しいことを学ぶことを行動していくことが大切ですね!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

講習会・研修のご依頼はこちらから

http://mentalista.jp/training-session/

パーソナルトレーニングのご依頼はこちらから

※遠方の方でも受けられるSkypeトレーニングも行っております。

http://mentalista.jp/personal-training/

メンタリスタFacebookページ

「登録」・「いいね」大歓迎です!

https://www.facebook.com/mentalista2012/

各種お問い合わせ

CONTACT US
Copyright 2017 Mentalista Official Site